猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ




どうも!コーヒーテイナー(@kazuma_tokuda)です。
今回で2回目のコーヒー豆のレビューです。
では、早速紹介するのはこちら!

猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ

コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(1)
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(2)

こちらも前回の猿田彦珈琲 猿田彦マイルドと同様に、東京にある「猿田彦珈琲 恵比寿本店」で購入。
ちゃっかりコーヒー豆を2種類買っておりました。

さて、今回もコーヒー豆のレビューなので抽出器具が必要になります。
今回も、下記の器具とペーパードリップで抽出します。

抽出器具はペーパードリップ

コーヒー器具 ペーパードリップ

上記の器具を使用。

抽出データ(一杯分)

今回は、猿田彦珈琲の「美味しいコーヒーの淹れ方」にある深煎りの場合を参考に淹れていきます。
この淹れ方をすることで、しっかりビターで豊かなボディ感を表現しているそうです。

豆の量

23g

抽出法

ペーパードリップ

挽き具合

細挽き

湯温

90℃

抽出量

200g

抽出時間

3分

上記のデータどおりに抽出していきます。
とその前に、「猿田彦フレンチ」のプロフィールをどうぞ。

TASTING PROFILE
Bitter Chocolate / Dark Cherry / Clean Finish

【深煎り】

洗練された風味が特徴の深煎り定番ブレンド。
ビターチョコレート、ダークチェリーを思わせるフレーバー、シロップのような心地よい口当たり。
すっきりとした後味と心地良い余韻。

BLEND CONCEPT & ROASTER’S COMMENT
スペシャルティコーヒーの魅力を凝縮したダークロースト。
猿田彦珈琲、不動の看板ブレンドです。
猿田彦珈琲らしくクリーンな味わいの先に見える情景を大切にしています。

INSIDE STORY
猿田彦珈琲が最初に作ったブレンドです。コーヒーらしさの魅力とは、というテーマに取り組みました。
「品の良い香ばしさ」「なめらかな口当たり」「柔らかい苦み」「味わいの奥行き」「澄んだ余韻」
猿田彦フレンチを構成するこの五本の柱を常にリファインできるように、焙煎技術や配合の研究を続けています。

https://shop.sarutahiko.co/?pid=84114941より引用

抽出過程

コーヒー豆を細挽きにします

  • 封を開けて取り出す
  • コーヒーミルで細挽きにする
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(3)
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(4)

コーヒー豆が油分で程よくテカってます。焙煎度は深煎り
今回は深煎り豆ということで、挽き具合は細挽きにしてみます。

そして、いざ抽出へ!

ペーパードリップで抽出します

  • 抽出時間は3分
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(5)
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(6)

今回は抽出時間の目安は3分です。
抽出時間はたっぷりあったので、ゆっくり細めのお湯で抽出しました。

湯温、抽出時間、抽出量もほぼ目安どおり!

抽出完了

コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(7)
コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(8)
無事、抽出完了しました!タイマーを見たら2分45秒でした。
まあ、目安範囲内ということでご了承ください。汗

見た目は透きとおるダークな色味。早速、いただきます。

猿田彦フレンチ【コーヒー味覚チャート】

猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ 味覚チャート

猿田彦フレンチ【コーヒーレポート】

飲むと、とにかく口に含んだ瞬間の豊かな香り芳醇な風味が素晴らしい!
苦味はコク深い味わいですが、そこまで苦さが尖ってる感じはなく丸い印象。

また、苦味の中にチェリーのような柑橘系の味わいも感じます。

後味は旨み、コクは残しつつもスッキリとした余韻。
苦味が尾を引く感じではなく、ゆるやかに消えていきます。

まずは定番の深煎り豆をおすすめします。普段、深煎りを飲んでいる人にも親しみやすいと思います。苦いだけではない芳醇な香りを楽しめますよ。
そして、次に興味があれば酸味のある猿田彦マイルドも、ぜひご賞味あれ。

猿田彦フレンチはこんな方にオススメ!

  • 香ばしい風味を楽しみたい方
  • 飲みやすく、深い苦味を味わいたい方

商品名

猿田彦フレンチ

購入店

猿田彦珈琲 恵比寿本店

価格

670円(税抜)

内容量

100g

原材料名

コーヒー豆

生豆生産国

コスタリカ・グアテマラ・ケニア・ブルンディ

焙煎度

深煎り

 

おわりに

猿田彦フレンチの「フレンチ」とは、「フランスの」という意味ではなく、焙煎度の「フレンチロースト」のことを意味します。

フレンチと掛けまして、美味しいたこ焼きと解きます。
その心は、中は「フワッ」と外は「パリッ」としてます》。。。後味がよろしいようで。

それでは、ほなまた!

コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦マイルド(1)

猿田彦珈琲 猿田彦マイルド

2018年5月19日



コーヒー豆 猿田彦珈琲 猿田彦フレンチ(1)