イノダコーヒ コロンビアのエメラルド




どうも!コーヒーテイナー(@kazuma_tokuda)です。
では早速、紹介するコーヒー豆はこちら!

イノダコーヒ『コロンビアのエメラルド』

コーヒー豆 イノダコーヒ コロンビアのエメラルド(1)

コーヒー豆 イノダコーヒ コロンビアのエメラルド(2)

「INODA COFFEE」は、1940年創業の京都から始まったコーヒー店です。
※ちなみに「イノダコーヒー」ではなく、「イノダコーヒ」です。

さて、今回はエアロプレスで抽出します。
エアロプレスは、「注射器のようにピストンの圧力をかけて抽出する器具
比較的扱いやすく、豆本来のおいしさを引き出せるのでオススメですよ。

抽出器具はエアロプレス

コーヒー器具 エアロプレス

上記の器具を使用。

抽出データ(1杯分)

豆の量

17g

挽き具合

中粗挽き

抽出法

エアロプレス

湯量

180cc

湯温

95℃

抽出時間

30秒程度

上記のデータどおりに抽出していきます。

コロンビア産の豆をベースに仕上げた、豊かな香りとさっぱりとした酸味が特徴です。

https://store.inoda-coffee.co.jp/fs/inodacoffee/alumi/52より引用

抽出過程

エアロプレスを準備する

  • フィルターキャップにペーパーフィルターをセットする
  • チャンバーの底にキャップを取りつけ、ロートを上に乗せる
エアロプレス ペーパーフィルター
エアロプレス レギュラータイプ(1)

コーヒー豆を中粗挽きにする

  • コーヒーミルで豆(17g)を中粗挽きにする
  • エアロプレスに挽いた粉を入れる
コーヒーミル
エアロプレス レギュラータイプ(2)
エアロプレス レギュラータイプ(3)

お湯を準備する

  • 沸騰したお湯を95℃以下に下げる
お湯を沸かす

圧力をかけて抽出する

  • パドルで10秒ほどコーヒー粉を混ぜて攪拌させる
  • その後、プランジャーを30秒かけて底まで押しきる
エアロプレス レギュラータイプ(4)
エアロプレス レギュラータイプ(5)

抽出完了!!

  • 抽出量は150ccほど
イノダコーヒ コロンビアのエメラルド(1)
イノダコーヒ コロンビアのエメラルド(2)

抽出後はフィルターを外し、そのままゴミ箱へポイ!

エアロプレス 後処理

コーヒー味覚チャート

イノダコーヒ コロンビアのエメラルド 味覚チャート

コーヒーレポート

コーヒー豆の焙煎具合は見た感じ中煎りでしょうか?(記載がないのであくまで予想です)

酸味のあるコーヒーですね〜。
コーヒーの華やかな香りが気持ちいい!

口に含むと舌の両端刺激され、唾液が反応しますね。

酸味系のコーヒーにしては、さわやかで飲みやすい
また、クリアな口当たりで後味もスッキリしてます。

苦味とコクはわずかに感じる程度。

酸味と苦味はアンバランスで、苦味が少なく酸味が多い印象です。

今回はエアロプレスのレギュラータイプでいれたので、濃くなりすぎず割とサッパリ抽出できたと思います。逆に抽出時間と抽出方法によっては酸味が濃くなるので、豆によって色んな抽出方法を試したいですね。

コロンビアのエメラルドはこんな方におすすめ!

  • シンプルな酸味と香りを味わいたい方
  • 気分を変えたい時、シャキッとしたい時に



商品名

コロンビアのエメラルド

購入店

イノダコーヒ

価格

1620円(税込)

内容量

270g

原材料名

コーヒー豆(生豆生産国名:コロンビア・エチオピア他)

焙煎度

中煎り

 

おわりに

爽やかな酸味で飲みやすいコーヒー豆でした。

ところで、歯科医と両立してるアーティストグループっていましたよね?確かレッド?ブルー?
《コロンビアのエメラルドだけにグリーン(GReeeeN)でした》・・・後味がよろしいようで。

それでは、ほなまた!



コーヒー豆 イノダコーヒ コロンビアのエメラルド(1)