ワンダ 極 焙煎香




どうも!コーヒーテイナー(@kazuma_tokuda)です。
ここ最近は生憎の雨が続いてますね。
それでは早速、今回紹介するのはこちら!

アサヒ飲料『ワンダ 極 焙煎香』

ワンダ 極 焙煎香【コーヒー味覚チャート】

 

苦味
ミルク感
甘味

 

焙煎中の香り“焙煎香”

香り高いコーヒー豆をじっくり時間をかけ焙煎し最後に火力を超高温500℃に強めて仕上げることで辿り着いた香ばしさとコク深さ。
飲むたびに香り高く繊細な後味が心地よい、焙煎中の香り“焙煎香”が立ち昇る老舗珈琲店監修の深煎りを極めたコーヒー。

引用元:https://www.asahiinryo.co.jp/products/coffee/wonda-baisen/

ワンダ 極 焙煎香【コーヒーレポート】

創業80余年丸福珈琲店監修のボトル缶コーヒー。

深く焙煎された芳ばしい香り苦味が特徴ですね。

まず、パッケージデザインのワインレッドが目を引きます。
炎を連想する色味が一層、香ばしさをイメージさせられます。
ただ、飲んでみると思ってたよりも甘さを感じます。

ミルク感はあまり感じません。

香りが芳醇で口に含んだ瞬間、香りが立ち昇るのがわかります。

そして、コク深さ
後味に深煎りの香ばしい余韻を楽しめます。

深煎りの苦味砂糖の甘味いいコントラストになっています。
コクの深さ香りの高さの高低差を味わえるボトル缶コーヒーになってます。

ワンダ 極 焙煎香はこんな方にオススメ!

  • 微糖好きの方
  • 香り高い缶コーヒーが飲みたい!
振らずに傾けないでお開けください。

商品名

ワンダ 極 焙煎香

販売者

アサヒ飲料株式会社

購入店

セブンイレブン

価格

160円(税込)

種別

コーヒー

内容量

370g

成分

写真参照

エネルギー

32kcal(100g当たり)

 

おわりに

ワンダ 極 焙煎香、芳ばしい香りコクでしたね。

ところで、先手必勝とか先行者利益という言葉がありますよね。やっぱり、何事も先んじて動くことが大事になってきますね。
焙煎香だけに先行(煎香)が良いんです。。。後味がよろしいようで。

それでは、ほなまた!